• ホーム
  • タダラフィルが含まれた医薬品

タダラフィルが含まれた医薬品

コーヒーを飲みながら話す合うカップル

タダラフィルが含まれる製品といえば、シアリスが良く知られています。
シアリスは、PDE-5という血管平滑筋などに存在する酵素を阻害し、男性器の機能を正常に改善することが可能な医薬品です。
もともと男性器が正常に勃起をするためには、cGMPという成分が働くことにより血管が拡張されることが必要です。
このように血管が拡張されることにより血液の流れが促進され、正常な勃起を促します。
しかし、PDE-5という酵素には、このcGMPを壊してしまう作用があります。
シアリスには、PDE-5がおこす作用を抑制することが可能です。
他のPDE-5阻害薬に比べ、シアリスは食事による影響を受けることも少なく800kcal未満の食事であればほとんど影響がないというメーカー報告もあります。
また他の勃起を促す医薬品より持続性が長いという点もタダラフィルを含むシアリスの特徴です。
タダラフィルは、分子構造がブロック状になっているので体内への吸収に時間がかかります。
そのため、シアリスの持続時間は最大36時間という他の医薬品とは比べ物にならない持続性が可能です。
シアリスには、5mg・10mg・20mgの3種類の表記があります。
それぞれ1錠に含有されているタダラフィルの容量を表しており、5mgと書かれているものなら1錠中に5mgのタダラフィルが含まれているということです。
シアリスの適切な服用方法は、用法用量を必ず守ることが大切です。
適切な容量が5mg1錠だとすると、効き目がないからといってたて続けに飲んだり適切な間隔を開けずに飲むことは身体に負担を与えることにもなりかねません。
効き目が不安な場合でも、用法用量を守って服用しましょう。
シアリスの服用のタイミングは、最大36時間持続する特徴があるので早めに飲んでおいても大丈夫です。
また、服用した時間から24時間以上経過していれば次の服用をしても心配はいりません。

シアリスを処方してくれるのは何科?

シアリスの処方は、クリニックや病院で行ってくれます。
では、何科で処方してもらえばいいかといえば、主に泌尿器科で処方してもらうのが一般的です。
内科のクリニックや病院でも取り扱いをしているところも多くなっています。
内科や泌尿器科以外の病院やクリニックでは、何科が扱っているかというと肛門科を併設している胃腸科や美容外科などの病院やクリニックでも処方してくれるところがあるので相談してみるといいでしょう。
シアリスは、れっきとした医薬品なので安全のためにも、クリニックや病院で処方をしてもらうことをおすすめします。
病院やクリニックで処方してもらえば、服用時の注意事項やそれぞれの体質など様々な要因を考慮したうえで、最適の容量を処方してもらえるので安心して使用することができます。
クリニックや病院なら処方の前のカウンセリングや診察がしっかりとしているので、身体に負担をかける心配がありません。
医師の診断では、既往歴や身体全体の健康状態などを充分に考慮したうえで処方が行われるので信頼が持てます。
薬の処方のために定期的に通院することで、体調の管理もでき便利です。
この頃は偽造品も多く出回っているので製品の真偽が解り辛いといえますが、クリニックや病院なら偽造品などを提供されることがないので安心できます。
男性機能を改善する医薬品として世界でも人気の高いシアリスは、食事の影響を受けることも少なく持続性が高いことで多くの人から注目されています。
このようなメリットのあるシアリスを服用したいと思っている方は、正規品が確かに手にできるクリニックや病院での処方がおすすめです。
服用のタイミングがうまくつくれない人やデートの前に服用したい人などには、シアリスは便利な薬だといえるでしょう。

関連記事
  • バイアグラの服用方法と服用する時間 バイアグラの服用方法ですが、ドラッグストア等で買える市販薬と同じです。 錠剤なので、水と一緒に飲みま... 2019年08月19日
  • シアリスの入手方法 シアリスの入手方法として、病院で処方してもらうか医薬品の通販サイトで買うという2つの方法があります。... 2019年06月23日
  • シルデナフィルという成分の効果 クエン酸シルデナフィルという成分の効果は、PDE5型酵素阻害薬としてPDE5型酵素の作用をブロックす... 2019年07月20日
  • ウデナフィルという成分の効果 ウデナフィルは勃起を抑える効果がある酵素PDE5の働きを阻害し、スムーズな勃起や中折れを防止する効果... 2019年09月28日
  • 赤い錠剤と瓶
    タダラフィルの副作用 タダラフィルは、勃起不全を治すためにと2007年に生まれた薬に配合されているものです。 今までのもの... 2019年05月23日